口コミ評判好評キャッシングローン厳選情報

口コミの評判で好評なキャッシング・ローンの裏情報を厳選してご紹介します。キャッシング業界の真相暴露!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
ここ最近、グレーゾーン金利完全撤廃(2010年6月より完全実施)などの影響で、ますます消費者金融など各金融会社でのキャッシングの借入れ審査が厳しくなり、現に貸し渋りや貸し剥がしが多数起こっているのが現状です。
それには、そうなる背景・原因が存在します。

その背景・原因とは、大きく2つの事柄が大きな影響を及ぼしています。

①2006年1月の最高裁判決による「利息返還請求の急増」によって引き起こしたキャッシング業界全体の利益減少
②2006年12月公布の貸金業関連法の改正いわゆる「グレーゾーン撤廃」の動きによる政府の影響


これをもっと噛み砕いて言うと、流れ的には

キャッシング利用者(一般消費者)が、消費者金融が法外な利息を取ることに疑問を持ち、裁判を起こし、最高裁の判決によりキャッシング利用者が勝訴して、消費者金融は利用者に利息返還した。

②この動きに政府が本格的にキャッシング業者の違法な金利取立てを規制する法改正に動き出した。

③これにより各キャッシング業者は法外な利息を止めるべく、金利を合法な金利設定へと動きだし(グレーゾーン撤廃)、また、金利を下げた分の利益回収を確実なものにするため、自社の与信審査基準の一層の厳格化を図った。

このような流れになります。

ここで一つ、覚えてもらいたい言葉が「グレーゾーン」です。
このグレーゾーンの金利が、今までキャッシング業者の利益拡大を支える心臓部分でした。
キャッシングの利益(儲け)は、「利息(金利)」です。利息とは、手数料みたいなものです。
お金を貸した分の手数料ということができます。

では、グレーゾーンとは何かというと、

①利息制限法
②出資法
③みなし弁済規定


この3つから複雑に出来上がった「曖昧な金利範囲」のことで、①と②で定められている上限金利の間(15~29.2%)の金利のことを指しています。
また、③は正確には貸金業規正法43条のことを指して、これが消費者金融キャッシング業者に有利に働くようにできてしまっていたのです。

※グレーゾーンに関してさらに詳しくはこちらをクリックしてください。

2010年6月より総量規制実施で、いよいよ本格的にグレーゾーンが完全廃止へと動き出した中、これからは、ますます消費者金融キャッシング業者は「融資する人を厳選して選ぶ」時代へとなります。

民主党政権へと政府も主導者が代わり、今後このキャッシング規制の整備がどの程度見直されていくのかも注目です。

少しでも利用者にとって有利に働くよう最低限の知識を持ってキャッシング利用をすることが重要です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
口コミ評判が好評なキャッシング一本化向けのローンサービスをうまく利用することで、自分のキャッシングをコントロールすることが可能です。

最近のキャッシング市場は、利息返還請求の急増、グレーゾーン金利撤廃の動きに合わせ、大手消費者金融を皮切りに与信審査がさらに厳しさを増しています。
その余波が、中堅の消費者金融にまで派生しはじめ、審査基準が厳しくなっているのが現状です。

消費者金融では、特に借り入れ件数を重要視していますが、その借り入れ件数の許容範囲がますます中堅消費者金融まで狭くなってきています。
今までは、大手は銀行系含め1~4件程度まで、中堅は6~8件程度までと許容範囲が一般的な流れでしたが、最近では中堅は大手に合わせ4件以内の借り入れ件数へと厳しくなってきました。

これに合わせ、さらに消費者金融では申込みしたユーザーの年収額と借入額のバランスも厳しく見るようになりました。
これは、政府が発表した貸金業の総量規制への動きに合わせたものです。

以前は「他社を合わせた借入れ額が年収と同じくらいまで許容」としていた店舗が多かったですが、今では基準を変えて「年収の3分の1」前後を上限リミットにしているところが増えています。

例えば、年収300万円の人が、今までは他社借り入れ合わせて同額の300万円程度まで借り入れが可能でしたが、今後は年収の3分の1、つまり100万円までしか他社借り入れ含め借り入れができないという規制がかけられるようになりました。

この法規制は、来年2010年6月より完全実施となり、ますます審査が厳しくなり、借入が難しくなると予想されます。

昔のように大型ローンが組みにくくなっている様子です。
こうした事情を踏まえると、店舗によって差はありますが、ますますキャッシング業界全体のキャッシング審査が厳しくなってきていることは間違いないと言えます。

そのような状況の中で、私たち消費者ができる最善策としては、まずは最優先事項として「借り入れ件数」を少しでも減らすことです。
消費者金融では、借り入れ総額よりも、借り入れ件数を信用情報機関などを通して厳格にチェックされるので、件数の多さはかなり審査に響きます。
借入件数はキャッシング一本化向けのローンをうまく利用することで、ある程度コントロールできます。

キャッシング一本化ローンサービスとして口コミ評判が好評なのが、

・100~500万円(保証人不要):キャレントの乗り換えローン
・最高500万円(保証人不要):東京八重洲クレジット

です。このあたりを押さえておけばかなり借り換えはやりやすくなるでしょう。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングを申込む際の審査では、実は主に2つの審査をしているのはご存知でしょうか?
一つは、消費者金融などの直接店舗での審査と、もう一つは、信用情報機関での審査の2つから成り立っています。

消費者金融では、申込みの際の「本人確認」と「申込み書記入」を無事に経てから、各社独自の「スコアリング」と呼ばれる自社与信システムで膨大な顧客(利用)データから申込み者の属性を割り出し審査をしていきます。

消費者金融各社は自社与信システムと、もう一つ重要な確認事項の一つとして加盟する「信用情報機関への照会・登録の承諾」を行っています。申込み者との融資の契約が成立した場合、消費者金融各社は自社が加盟する信用情報機関への登録が義務付けられています。大手中堅以上のキャッシング業者は必ず新規契約時から信用情報機関への照会をしています。

各信用情報機関には、同機関に加盟する会員(消費者金融)各社の顧客情報や債務情報が統合・管理されています。
顧客情報とは、「本人の氏名や住所、電話番号や勤務先などのこと」を表します。債務情報とは「本人がいつどこでいくら利用して返済日はいつ等」を表しています。

今や、キャッシング市場における信用情報機関の影響力は絶大で、新規契約時のみならず定期的に行われる途上与信においても絶対的な影響力を持っています。

現在、日本には4つの信用情報機関が存在します。キャッシング各社はそれぞれ、どの機関に機関に加盟するかは入会条件さえクリアーすれば入会できるようになっています。しかし、一部制約を受ける機関も存在します。
この5つの信用情報機関の中で、一番情報精度が高い機関が日本信用情報機構(旧全情連で、信用情報機関の一つである㈱CCBと2009年8月1日に合併)です。
これには背景として、「旧全情連」の理念でもある「全権登録」を会員各社に義務付けいているところに起因しているところが大きいからです。

こうして、消費者金融業者自社の与信審査システムと信用情報機関の2つの与信システムから最終的に申込み者の「与信額」が言い渡されることになります。


人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


キャッシングにおける最初の関門である申込みで「本人確認」と「申込書の記入」を無事に突破すれば、続いて消費者金融会社独自の自社与信システムが活用され、最後の審査へと進んでいきます。

これは、「スコアリング」と呼ばれ、各社が独自に自社における過去の膨大な取引データを基に独自の捉え方で属性に優劣を付けたり、組み合わせていきます。

消費者金融の審査では、「属性モデル像」を基本として与信方法を行っています。「属性モデル像」とは、過去の膨大な取引(顧客)データから、申込者に一番近い属性を持つモデル像としてピックアップしてきて、そのモデルが新規契約後、どのような利用履歴をたどっているかを検証し、そこから申込者の「未来の利用状況」を予測します。
そして、最終的に契約の可否や利用限度額を決定していきます。

唯一、この「属性モデル像」の欠点としては、「同一属性モデル像の人物は同一人物と見なされてしまう」場合があるという点です。
これは例えば、キャッシング申込み者に近いと判断されて抽出されたモデル像が、以前、該当する消費者金融会社において、あまりにも酷すぎる利用の常習者だった場合、この会社のシステム上、キャッシング申込み者は「あまりにも酷すぎる利用をする」と判断されてしまう場合があります。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

利息返還請求増加やグレーゾーン金利撤廃による影響で、どこの消費者金融も苦戦を強いられているなか、口コミの評判が好評な、特に女性や主婦の方に向けたキャッシングサービスを強化している金融会社がいくつかあります。

実は、女性や主婦の方に対してキャッシングサービスを充実させている理由として、女性ならではのキャッシングの特徴というのが挙げられます。
この特徴は、いくつか男性とは違う性質があります。

・キャッシング市場の中での女性の利用者数は3~4割程度
・女性は男性に比べ、パート・アルバイトの形態で職業に就く人が多い
・男性に比べ、女性の方が返済期日までに返済をする割合が高い
・特に初めてキャッシングを利用する女性は相当不安が強い
・男性に比べ、家族や知人に知られたくない気持ちが強いため、自宅でできるネットキャッシングを好む傾向にある


などの性質が挙げられます。

キャッシング業者にとっては、女性や主婦の方は返済期日までに返済をしてくれる割合が高いため、男性よりも優良なユーザー(顧客)として捉えられています。

返済はキャッシング業者にとっては、当然のことながら利益に直結する最も重要なものですので、なおさら優良として扱ってくれるのもうなづけます。

これらの特徴を把握した上で、女性・主婦の方にお薦めの口コミ評判が抜群に好評なキャッシングサービスを紹介したいと思います。
キャッシング業者によって、独自にサービスが異なりますので、自分に合ったキャッシングサービスを選んでください。

大手で安心したい方はこちらの好評なキャッシングがお薦めです。
<大手消費者金融系>
プロミス

<大手銀行系>
アットローン

自宅で申込みから融資までできてしまうネットキャッシングを利用したい方はこちらがお薦めです。
<ネットキャッシング系>
キャレント
共済クレジット
ネオラインキャピタル
萌えローン
女性専用キャッシングで安心したいという方はこちらがお薦めです。
<女性専用キャッシング>
レイクレディースローン

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

ブログ内検索
お気に入りに追加
返済期間の長さが好評
30日間無利息ずっと
評判の大手消費者金融
口コミ評判
学生ローン特集
クレジットカード特集
リンク
ランキング参加中です
最近のコメント
RSSフィード
最新新着情報ゲット
相互RSS最新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。