口コミ評判好評キャッシングローン厳選情報

口コミの評判で好評なキャッシング・ローンの裏情報を厳選してご紹介します。キャッシング業界の真相暴露!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
2006年12月に公布された改正貸金業法は、2010年6月までに完全施行することになっていますが、金融庁は当初「公布日からおおむね3年後」を目標にしており、「総量規制」はいわば、その仕上げにあたります。

日本貸金業協会の調べによりますと、貸金業者に既存の正常顧客の中に「年収の3分の1」を上回る利用者がどのくらいいるか聞いたところ、貸付残高5000億円超の大手貸金業8社のうち、「25%超~40%が抵触する」との回答が3社、「60%超が抵触する」との回答が4社ありました。

一方、利用者側に同じ質問をしたところ、「年収の3分の1を上回って借りている」と答えた利用者が44%いたことが明らかになりました。

総量規制の導入を見据えて、貸金業者の中にはすでに与信の見直し、具体的には利用限度額の引き下げや、新規借り入れの抑制などの措置に動きはじめています。

つまり、法律によって「貸しはがし」や「貸し渋り」がはじまっているのが現状です。
しかも、景気悪化で借り手の給料が増える見込みが少ないことから、今後、いま以上に赤字を増やしたくない消費者金融は利用者の選別の目をさらに厳しくすると予想されます。

金融庁の多重債務者問題懇談会に出席する、ある委員は、改正貸金業法が景気のよいときにつくられたもので当時と環境が大きく違う点や、「(総量規制が年収の3分の1であることの)根拠がよくわからない」と指摘し、また、ある弁護士は「本来、与信判断は各社別々の裁量があるもの。それを年収の3分の1にあわせてしまえば、これは実質的に個人を格付けすることになってしまうし、行き過ぎた管理強化にほかならない」と、導入反対の声がにわかに高まってきているのも事実です。

消費者金融で借りたお金を生活費に充てているケースは少なくなく、「年収の3分の1」に借り入れを制限すると、そうした人が「ヤミ金」で借りることになり、そうなると、法律本来の意味がなくなるばかりか、「ヤミ金」を喜ばせるだけになるのではないでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
消費者金融などからの借り入れを、年収の3分の1に制限する「総量規制」の導入やグレーゾーン金利の撤廃の動き、さらには過払い利息の返還請求の負担がかさみ、消費者金融業界では赤字決算や廃業を余儀なくされています。

消費者金融で急激な貸し渋りが起こり、ヤミ金に流れる利用者が急増しています。
雇用の打ち切りや賃金カットが進むなかで、このまま総量規制を導入すれば貸しはがしが起こり、ヤミ金に走る人が増えるだけと、金融関係者の中では危惧する声も漏れはじめています。

金融庁によると、2009年2月末時点の貸金業者数は6477社で、08年3月末から1年弱で約3割減少しています。
消費者金融大手を含む財務省登録業者は08年3月末の580社から101社減って479社に、各都道府県の登録業者は8535社から2537社減って5998社となりました。

この数字が示すように、地方の中小零細業者は急減し、09年1月からの1か月でも、都道府県登録業者は215社も減っているのが現状です。

貸出金利の上限の引き下げで融資審査を厳格化し、それにより利用者が減っていることや、過払い利息の返還訴訟が相次いだことが、消費者金融など貸金業者の経営を圧迫し廃業に追い込んだ最大の要因と言えます。

この経営悪化は、消費者金融大手も例外ではなく、アコム、プロミス、アイフル、武富士の大手4社の貸付残高(単体ベース)は、09年3月末で4兆円の大台を割り込むことがほぼ確実とされており、過払い利息の返還は高止まりしており、引当金の積み増しなどの対応を迫られているのが現状で、収益回復の見通しは見えない状況となっています。

経営悪化を露呈したアイフルは、9月18日に事業再生手続きに着手すると発表がありました。

さらには、消費者金融の経営悪化は銀行グループにも波及しています。
たとえば、三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社であるアコムの赤字が膨らめば、銀行決算の赤字も膨らむことになり、三井住友銀行系のプロミスや、新生フィナンシャルグループのシンキやレイクなども同様です。

事態は、もはやメガバンクにも波及し、消費者金融業界の話ではすまなくなってきています。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます



今年の3月から、タモリが消費者金融大手「アコム」のイメージキャラクターとしてCMに出演していますが、消費者金融のCMに超大物が出演した背景には、やはり不況が横たわっているのでしょうか。

今までの消費者金融のCMは、グラビアアイドルの登竜門的存在としての位置づけでした。

今回のタモリのCM出演においてネットでは、失望の声が多数見受けられており、世間的には、消費者金融のイメージがいまだに良くないことが浮き彫りになった格好です。

しかし、現在、流れている消費者金融のCMには人気タレントがこぞって出演しているのが現状です。

レイクには山田優、プロミスには中川翔子、武富士には内田有紀、モビットには竹中直人と桃井かおり、アットローンには大塚寧々がそれぞれ起用されています。

今まではグラドルか、かわいい動物くらいでしたが、最近では人気タレントが顔をそろえています。アットローンは、大塚寧々の前は高橋克典で、以前から出演タレントのメジャー化は始まっているようです。

特にグラドルと消費者金融の組み合わせは、今では定番となっています。

アコムのCMでは、小野真弓がブレークしたのは有名ですが、同社には熊田曜子も出ていました。安めぐみは三洋信販、安田美沙子はアイフル、井上和香はプロミス、夏川純はレイクなど、かなり多くのグラドルが出演していました。
 
それにしても、ここにきて出演タレントの格が上がってきた印象がありますが、その背景には何があるのでしょうか?

実は、消費者金融からの今までオファーはずっとあったと言われています。
しかし、タレントサイドは断ってきたのが現状で、景気の良いころは、タレントとしてもイメージのいい清涼飲料などを優先させてきました。

ところがこの不景気で、企業が真っ先に削るのが広告費ですので、5000万円、3000万円といったギャラの出るCMがなくなり、芸能プロダクションも今後、倒産が相次ぐといわれるほどの経営難に陥っています。そのため、オファーを受けるようになったのではと言われています。

さらには、消費者金融は、これまではサラ金、街金というイメージでしたが、現在、多くの会社がメガバンクの系列となっており、タレントサイドとしても、なるべく避けようという心理が働かなくなったとも言われています。

広告は時代を映す鏡とも言われていますが、いずれせよ、タモリをはじめとした大物タレントが消費者金融のCMに出演し始めたことは、不景気な今の世の中を反映していると言えます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


貸金業法の改正は、消費者金融など貸金業者の経営を大きく変える契機となりました。

来年2010年6月に完全施行されれば、上限金利は現在の年率29.2%から15~20%に引き下げられます。
また、顧客の総借入残高が年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する「総量規制」も導入されます。
そのときに備え、消費者金融ではキャッシング審査を厳格化して、融資を優良顧客に絞ることを迫られているのが現状です。

今年5月の消費者金融大手の成約率は、プロミス41.5%、アコム39.1%、武富士27.4%、アイフル17.2%となっています。

3年ほど前の成約率は各社とも6割前後でしたが、今ではプロミスに借り入れを申し込んだ人の6割、アイフルでは8割の人が「借りられない」現状です。

さらに、総量規制には「現在の利用者の44%が該当する」と言われています。(日本貸金業協会の調べ)。
専業主婦の方は事実上、夫の承諾がなければ借りられなくなることになります。

消費者金融側では、貸し倒れを少しでも減らそうと、借り手の年収や総借入残高を把握するために、信用情報機関を活用するコストも重荷です。
また、過去に借り手が払いすぎた利息を返還する「過払い利息返還請求」も経営の圧迫材料です。

消費者金融大手4社が、2009年3月期に返還した過払い金の総額(元本相殺分を含む)は、6728億円もあり、同期決算では、今後の返還に備え、数千億円規模の引当金を積んだ武富士やプロミスが、最終赤字に陥りました。

日本貸金業協会の調査では、消費者金融に融資を断られた人の6%がヤミ金融など違法業者に手を出しているということもあり、消費者金融が壊滅状態になれば、借金を抱えた消費者は、さらに増えていくのが現状です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます






よく、消費者金融の審査は甘いと言われますが、別に甘いというわけではありません。
ただ、消費者金融会社の規模や独自の審査方法により、通りやすいかどうか判断されます。

金融会社によって、さまざまですが、消費者金融が実際にキャッシング申込み時の審査で、どのようなところを注意してみているかという点に関しては、共通しているものがあります。
これを把握することは、非常にキャッシングを受ける側にとっては有利な情報です。

キャッシングの新規申込み・審査時に、自分の仕事や勤務先、他社に借り入れがないかどうかなどの項目を申込書に記入しますが、これらの項目をキャッシング業界では「属性」と呼んでいます。

数ある属性の中でも、ほとんどのキャッシング業者は「その人の素性」が出る属性や、明白な裏づけが可能な属性について特に重要視します。
また、どのくらいの収入レベルなのかを明確に判明する属性に関しても重要視します。
では、一つずつ特に重視される属性を見ていくと、

年齢
大手の消費者金融は中心利用者の対象を「20~30代」としています。そのなかでも特に「未婚(独身)」の方に比重が置かれています。
これは、「可処分所得の大小」(=自由に使えるお金の大小)を前提に捉えているためです。
年齢が上がれば上がるほど審査は難しくなっていくのが現状です。これは、「貯金の蓄え」に関して重要視しているからです。特に、40歳代以降になると契約もしくは与信額設定に慎重になる年齢層となります。

電話番号
最近では、携帯電話だけ持っていて固定電話を持っていない単身の若年層に多くなってきました。一番有利なのが、「固定と携帯の両方」を所持している方、次に「固定電話のみ」そして最後に「携帯電話のみ」という優先順位になっています。
これは、「キャッシング業者から確実に利用者への連絡をつけることができるかどうか」の信用度の高い連絡先の優先順位となっています。
「固定電話」は、「現住所」とつながっているため、それが結果としてキャッシング業者に「信用」を与えます。一方、「携帯電話」は契約・解約がしやすいので信用度は非常に低いです。
※携帯電話では、審査に落ちるということではありません。

職種(職業)
通常、キャッシング業者では「離職率の低い職業」が有利とれます。例えば、公務員であったり、その次にサラリーマン、いわゆる会社勤めの方が有利とされています。
逆に、不利な職業は「離職率の高い職業」「不安定な職業」です。日雇い労働や自営業などがその例です。

居住年数
特にキャッシング業者は、「年数」を重要視します。これは、何年も年数を積み重ねることにより信用が高まるためです。もうひとつの理由として、「その人の場所を特定しやすい」という理由があります。

実際に、消費者金融が注目する属性と利用者(消費者)が思う重要な項目とが意外と上記のように異なるのが現状です。
常に消費者金融の視点で申込書を記入する必要があります。

また、他社借入のある方は、件数も注意してください。
2010年6月より、総量規制の完全実施に伴い、グレーゾーン金利が完全廃止となるため、かなりキャッシング審査が厳しくなっています。

目安としては、消費者金融では「3件以内」で、銀行系キャッシングに申込まれる場合でしたら「2件以内」が望ましいです。

どうしても件数を減らすことが難しいようでしたら、現在利用しているキャッシング店舗にアドバイスを求めるのも一つの方法です。

これにより、思わぬ解決方法が見つかる場合もありますので、ぜひ利用されることをお勧めします。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます



ブログ内検索
お気に入りに追加
返済期間の長さが好評
30日間無利息ずっと
評判の大手消費者金融
口コミ評判
学生ローン特集
クレジットカード特集
リンク
ランキング参加中です
最近のコメント
RSSフィード
最新新着情報ゲット
相互RSS最新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。