口コミ評判好評キャッシングローン厳選情報

口コミの評判で好評なキャッシング・ローンの裏情報を厳選してご紹介します。キャッシング業界の真相暴露!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
キャッシングでは必ず審査がありますが、審査が甘いと口コミ評判が好評な即日キャッシングサービスがあります。
それが消費者金融のJトラストフィナンシャルサービスになります。

キャッシング市場では、今までの既成概念にとらわれない新たな即日キャッシングサービスを提供している異業種からの参入が相次いでいます。
その中でも、口コミ評判で好評なのが旧鉄道会社を母体としたJトラストフィナンシャルサービス(旧スタッフィ)です。

実は、今年の2月に元親会社の阪急阪神HDが、ステーションファイナンス(Jトラストフィナンシャルサービスの前身)を中堅商工ローンのイッコー(大阪市)に売却することが正式決定されました。

阪急鉄道沿線でのキャッシングサービス展開はなくなりますが、スタッフィブランドはそのまま健在して運営をしていますので、今後も安心して利用が可能です。

そして、7月よりJトラストフィナンシャルグループとして商号変更し、新たなスタート切りました。

Jトラストフィナンシャルのフリーローンでは、2007年7月から金利値下げでさらに使いやすくなり、15%~18%と、かなりの低金利キャッシングでの振り込み融資が期待できます。
この数字は、銀行系とほぼ同じ数字です。

さらに、融資が最高300万円まで可能な大口VIPローンや、15億円まで融資可能な不動産担保ローンも登場し、旧イッコーの不動産担保や事業者ローンの強みを活かしたキャッシングサービスが続々登場しています。
 
Jトラストフィナンシャルは、消費者金融の中でも審査がとても甘く、柔軟な対応と口コミでも評判好評のキャッシングサービスです。
 
先ほども述べたように旧親会社が鉄道会社の大企業ということもあり、社員教育の徹底もさすがで、接客対応は素晴らしいと大好評です。

審査が、ネットでのオンラインからだと約10秒という短時間で済むのは見逃せません。
最短で、当日振込みが可能で、最大200万円までの融資が可能です。
 
審査から振込までが早く、名前の通り「特急」並みに早いです。
 
Jトラストフィナンシャルサービスの公式ホームページでは、お試し審査も行っています。
口コミも評判好評で甘く柔軟な審査と、低金利でゆとりを持って返せるJトラストフィナンシャルのキャッシングサービスは、是非お薦めです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
キャッシングの審査において、特に他社での借り入れ件数が重要になってきます。
柔軟な審査基準で、口コミ評判が好評なキャッシングといえば、数ある消費者金融の中でも、Jトラストフィナンシャルサービス(旧スタッフィ)がお薦めです。

Jトラストフィナンシャルサービスの全身であるスタッフィは、もともと親会社の阪急電鉄グループ(ステーションファイナンス)が運営をしておりましたが、2月9日に新たな動きとして、個人向けの消費者金融から完全撤退すると発表がありました。
そして現在、Jトラストフィナンシャルは、商工ローンを中心に金融商品の運営をしているイッコーという企業の子会社となり、Jトラストフィナンシャルグループとして商号を変更し、現在にいたります。

ここ最近の消費者金融業界では、過払い金返還訴訟の増加などで業績が悪化し、事業撤退を余儀なくされる企業が後を絶ちません。

ただ、Jトラストフィナンシャルは、スタッフィの名で、旧阪急電鉄グループの人気キャッシングブランドとしての認知度もあるため、そのままのキャッシングサービスを引き継いでいます。

また、最近のキャッシング市場では、グレーゾーン撤廃への動きに合わせて、次々と各キャッシング業者は、低金利へと移行しています。
同時に、低金利移行に合わせ審査基準も厳しくなってきたのが現状です。
審査の中でも、非常に重要な審査項目となってくるのが「借り入れ件数」です。

今までは、大手キャッシング業者では借り入れ件数が1~3件以内、中堅業者は4~6件、小規模業者では6~8件が許容件数で、規模小さくなればなるほど審査が甘くなっていました。これは、業者の規模や資金力からどうしてもそのような数字になります。

しかし、最近では特に中堅業者も大手に合わせた形で、3件以内をめどに審査基準とする業者が増え始めました。
動きとしては、「一人でも返済能力の見込みの薄いユーザーを切り捨て、少しでも多くの返済能力に長けているユーザーを確保する」という一つのバローメーターとして、より審査基準を厳しくしてくるようになりました。

そのような状況の中で、Jトラストフィナンシャルサービスは消費者金融の中でもキャッシングユーザーの口コミの評判では審査がとても甘く、柔軟な対応で評判が好評です。
  
審査が、オンラインからだと約10秒という短時間で、最短で、当日振込みが可能で、最大200万円までの融資が可能です。
 
審査から振込までが早く、名前の通り「特急」並みに早いです。
 
また、柔軟な対応は接客部分でも言えるようです。
接客対応はもちろん、電話対応もとても口コミの評判が好評で、さすがは、旧鉄道大手企業だけのことはあります。 
 
このJトラストのフリーローンサービスは、返済期間が長いのが特徴で、最長5年10ヶ月(70回)となっており、月々の返済金額をもっと減らしたい、5年後の返済を楽にしたい、ゆとりを持って、計画的に返済をしたいと望んでいる方に、最適なプランとなっています。
 
通常の消費者金融では、2~3年以内に返済するのが一般的です。

生活にゆとりを持った返済プランを立てることができ、消費者のニーズに答えた満足な完済プランになるでしょう。
 
ホームページにおいては、おためし審査も行っています。
甘く柔軟な審査と、低金利でゆとりを持って返せるJトラストフィナンシャルのキャッシングサービスは、是非お薦めです。


人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

口コミ評判が好評なキャッシング一本化向けのローンサービスをうまく利用することで、自分のキャッシングをコントロールすることが可能です。

最近のキャッシング市場は、利息返還請求の急増、グレーゾーン金利撤廃の動きに合わせ、大手消費者金融を皮切りに与信審査がさらに厳しさを増しています。
その余波が、中堅の消費者金融にまで派生しはじめ、審査基準が厳しくなっているのが現状です。

消費者金融では、特に借り入れ件数を重要視していますが、その借り入れ件数の許容範囲がますます中堅消費者金融まで狭くなってきています。
今までは、大手は銀行系含め1~4件程度まで、中堅は6~8件程度までと許容範囲が一般的な流れでしたが、最近では中堅は大手に合わせ4件以内の借り入れ件数へと厳しくなってきました。

これに合わせ、さらに消費者金融では申込みしたユーザーの年収額と借入額のバランスも厳しく見るようになりました。
これは、政府が発表した貸金業の総量規制への動きに合わせたものです。

以前は「他社を合わせた借入れ額が年収と同じくらいまで許容」としていた店舗が多かったですが、今では基準を変えて「年収の3分の1」前後を上限リミットにしているところが増えています。

例えば、年収300万円の人が、今までは他社借り入れ合わせて同額の300万円程度まで借り入れが可能でしたが、今後は年収の3分の1、つまり100万円までしか他社借り入れ含め借り入れができないという規制がかけられるようになりました。

この法規制は、来年2010年6月より完全実施となり、ますます審査が厳しくなり、借入が難しくなると予想されます。

昔のように大型ローンが組みにくくなっている様子です。
こうした事情を踏まえると、店舗によって差はありますが、ますますキャッシング業界全体のキャッシング審査が厳しくなってきていることは間違いないと言えます。

そのような状況の中で、私たち消費者ができる最善策としては、まずは最優先事項として「借り入れ件数」を少しでも減らすことです。
消費者金融では、借り入れ総額よりも、借り入れ件数を信用情報機関などを通して厳格にチェックされるので、件数の多さはかなり審査に響きます。
借入件数はキャッシング一本化向けのローンをうまく利用することで、ある程度コントロールできます。

キャッシング一本化ローンサービスとして口コミ評判が好評なのが、

・100~500万円(保証人不要):キャレントの乗り換えローン
・最高500万円(保証人不要):東京八重洲クレジット

です。このあたりを押さえておけばかなり借り換えはやりやすくなるでしょう。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

女性の方が、キャッシングを利用される場合、女性の気持ちを十分に配慮したサービス体制で、かつ申し込みも審査も借り入れも、口コミでの評判が好評のレディースキャッシングサービスを利用された方が安心だと思う方もいらっしゃると思います。

特にレディースキャッシングの中でも、30日間無利息サービスで大好評のレイクレディースローンのキャッシング・ローンサービスがお勧めです。

お勧めする理由としては、
・独自の女性ならではのサービスを展開している
からです。

レイクのレディースローンは、20歳以上の女性の方、パート・アルバイト、主婦の方にもお薦めなサービスとなっています。
対応オペレーターが全て女性ですので安心して申込みができます。

また、親会社が外資系のGEから新生フィナンシャルグループへと変わり、資金力も安定しておりますので、安心してキャッシングができるのも、女性の方の強い味方となるのではないでしょうか。

レイクの今一番のお薦めのサービスといえば、無利息ローンサービスです。
しかも、期間が半端じゃなく多いのがレイクの特徴です。
なんと、30日間無利息キャンペーンを実施しています。無駄な利息の支払いをせずに済みます。

また、来年2010年1月27日の新規契約者までの限定キャンペーンとして、10万円までの借入なら、ずっと金利が50%OFFになるという驚異的なキャンペーンも同時におこなってりますので、かなりお得に借入返済が可能となりますので、是非、早めにお申込みされてみてはいかがでしょうか?

しかも、レイクのレディースローンの強みは毎月3000円からの返済が可能なことです。
さらに10秒審査とかなり迅速な対応でも有名です。直接お店に行かなくてもその日に借入れが可能なので、人目を気にせず安心です。
レイクのレディースローンは、他社から借入があったとしても、平均で3~4社までは審査通過実績がありますので、他社借り入れのある女性の方にも、もってこいのレディースキャッシングと言えるでしょう。女性の間でも口コミ評判は好評なので抜群の信頼も文句なしです。

このように、レイクのレディースキャッシングサービスは、女性の立場にたった優れたサービス体制を誇っており、他社にはない独自の配慮を行っており、大変お勧めとなります。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシング業界では、上限金利の制限(グレーゾーン金利撤廃)の法規制の動き(2010年度6月より完全施行)や、利息返還請求問題などに伴い、次々と金利を下げ、低金利キャッシングサービスを始めるところが多くなり、口コミでも評判のキャッシング会社も多く出てきました。
この低金利サービスは、一見、ユーザー側から見れば好評で、お得になったような感じに見えますが、今後一層借り入れが難しくなっていくと予想されます。

その理由として、
・上限金利(グレーゾーン金利)を下げることによる利益減少(キャッシング業者に影響)
・法規制による、キャッシングの審査基準の厳格化(ユーザーに影響)
・総量規制による総借り入れ額の制限(ユーザーに影響)


などが挙げられます。

それだけ、上限金利はキャッシング業者にとっても、ユーザーにとっても厳しい規制を強いられることになります。

しかし、これらのダメージは特に消費者金融などのノンバンクのキャッシング業者に打撃が来ると予想されます。
一方で、口コミの評判も好評で、安心してキャッシングをするなら、大手銀行の傘下に入り、安定したサービスを行っているのが消費者金融大手がお勧めです。
その中でも、特に女性などにも積極的にキャッシングに力を入れて取り組んでいるのが、三井住友銀行グループの傘下に入った消費者金融最大手のプロミスです。

特に、プロミスは主婦などを中心に初めてキャッシングを利用される方から、抜群の口コミでの評判を誇っています。

プロミスはここ数年、キャッシング以外にも「信用保証」業務にも力を入れており、消費者金融の一番の収益の柱であるキャッシング金利以外でも安定して収益を確保しています。
信用保証業務とは、簡単に言うと他社ローンに申し込んだ人に保証をプロミスが行い、手軽に融資サービスが利用できるようにするサービス業務のことを言います。

収益が入る仕組みとしては、「プロミスが保証を行う代わりに他社ローンの儲けの一部を受け取る」という流れになっています。
例えば、CMでも馴染みの深いアットローンの保証も実はプロミスが行っています。

このように、プロミスでは収益の財源を複数にすることにより、収益の安定を図っているのです。

プロミスは、利息返還請求の急増の影響などにより、赤字が続きましたが、実は実態はさほどな大影響ではないのが実情です。
というのも、そもそも昨年度の巨大な赤字は業績悪化というよりも、会計基準が変更されたためという事情によるものだからです。
2009年度4月~6月期の連結決算におきましては、プロミスは黒字に戻りましたし、そろそろ反撃の準備が整ってきたと言ってもいいのではないでしょうか?

プロミスは、必ずCMや広告や看板を一度は誰もが見たことがあるくらい有名な消費者金融最大手です。
また、大手で安心してキャッシングをしたい女性の方には、好評の銀行グループキャッシングです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシング市場の中でも、相変わらずの絶大な信頼と人気を誇るのが、迅速な即日対応で口コミ評判が好評の大手銀行系のキャッシング・ローンサービスです。
その中でも、三井住友銀行ファイナンシャルグループ、東京UFJ銀行フィナンシャルグループなどの、いわゆるメガバンク系が、特に業績好調です。

実は、キャッシング市場では、『消費者金融白書』によりますと、5社に1社の割合でキャッシング業界からの撤退を考えているとあります。
これは、著しいキャッシング市場の悪化を意味しています。
利息返還請求の急増で、支払いが不可能となったキャッシング店舗や、グレーゾーン金利撤廃による上限金利の制限で、収益が悪化したため、大幅赤字へと転落した店舗が続々と出てきています。

その一方で、大手銀行系キャッシング・ローンサービスの人気の背景として、
・もともと銀行系のキャッシングとして金利設定を上限金利内でサービスを展開していたため、グレーゾーン金利撤廃に伴う影響が極端に少ない
・メガバンクという社会的信用度の高さと資金力の豊富さによる迅速な即日対応のサービス強化を図っている

などが挙げられます。

そのメガバンクの絶大なる社会的信頼性と資金力を背景に、消費者金融最大手のプロミスは、ダントツの大手銀行系キャッシングとして人気を得ています。
プロミスは、三井住友銀行グループの傘下で、さらに今年には三洋信販を完全子会社化して消費者金融業界で貸付残高が、ついに首位となりました。
ますます、勢いに乗るプロミスは、お金を借りたいけど借りた事がないから不安という方には、特にお薦めのキャッシングで、口コミでの評判も抜群に好評です。
 
”マネーにもマナーを”
このフレーズのテレビCMでお馴染みの「プロミス」では、初めて借入をする人のためにお得な低金利での融資を行っています。
 
消費者金融の中では、トップを誇る低金利では有名ですが、さらに7.9%~17.8%の低金利で利用ができるようになっています。
しかし、通常フリーキャッシングは300万まで(新規の場合は200万円まで)の融資が可能です。
 
ですので、「ちょこっと借りたい」「急な出費で困った」という方にピッタリな即日対応抜群のキャッシングです。
 
ネットからなら24時間申し込みの受け付けをしているので、仕事などで遅くなっても時間を気にすることはありません。
携帯一つですぐ申し込みができてしまうのも嬉しいサービスです。
 
また、プロミスの魅力は即回答をしてくれることです。
何時間も待つということはありません。
 
振込に関しても、審査後最短で即日対応で行ってくれるので、急ぎで必要な方にも向いてると言えるでしょう。
 
通常手数料がかかる夜間や休日でも手数料がかからないのは、ユーザーの大きな力になるでしょう。
 
スピーディな上に、電話対応や接客対応の良さも好評で、さすがは大手の金融会社とまであるだけ、非常に評判が良いです。
大手ということもあり、全国の提携銀行やローソン、ファミリーマートからでも返済が可能です。
 
利用者の中でも口コミでの評判も満足度が高く、どの消費者金融会社が良いか迷うのならばプロミスが良いでしょう。
 
審査も好評ですので、パートやアルバイト、主婦の方でも簡単に申し込みができることでしょう。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

グレーゾーン金利の完全撤廃(2010年6月完全実施)に伴い、キャッシング審査が厳しくなる中、女性の利用者が増えています。
今やキャッシングの利用者は、6割が男性、4割が女性を占めるようになっています
特に、女性がキャッシング利用の際にポイントにしているのが、口コミでの評判の好評さです。
これは、働く女性が増えた分、少しでも自分にとって有利なキャッシングサービスを探す気持ちが男性より強いというのも特徴と言ってもいいでしょう。
 
そのため、金融業界もネットでキャッシングが気軽に申し込み可能な女性へ向けたサービスを多く展開しており、様々なキャッシングプランがあり、口コミでも評判が好評の金融サービスも登場しています。
 
その中でも、消費者金融最大手のプロミスは、女性へ向けたレディースキャッシングというのはありませんが、女性にも優しいキャッシングを行っており、口コミでも評判が好評です。 
最近のキャッシング市場の動きの中で、プロミスが三洋信販を完全子会社に成功して貸付残高1位になったという動きは記憶に新しいです。
プロミスは、規模が大きくなっただけでなくサービス向上に一層磨きがかかり消費者金融の中でもダントツの人気を誇っています。
  
プロミスでは、7.9%~17.8%とさらに低金利で利用ができるようになっています。しかも、プロミスはパソコン上でのネットサービスも非常に充実しています。
この低金利サービスは、すでに好評のようで評判です。
 
それは女性の方でも安心して相談できると言った事も理由の一つだからです。
 
女性の特徴は、ネットキャッシングを好む傾向があり、特に初めてという女性は大きな不安を抱きます。
プロミスは、ネットからの申し込みでも、女性にも適した金利ですので、女性からの指示も厚いのでしょう。
 
申し込むと即回答で審査結果が分かり、融資額も1万円~300万円まで可能で、新規の場合は上限200万円までですので、おまとめとしても、「ちょっと必要になった」と言った場合でも気軽にキャッシングできるのがポイントのようです。
 
利用者の声を見てみても、友人との旅行やショッピングなどと、女性らしい用途で利用している方も多いようです。 
 
また女性だけでなく、サラリーマンなどにも向いていると言えます。
ネットからの申込ですと、24時間申し込みが可能です。
忙しく時間が取れないという方でも気軽に利用できます。
 
また、そのような方の中でも借入をする時間も取れないという方もいらっしゃるでしょう。
でもプロミスなら、時間外でも手数料は無料で利用できます。
返済時ももちろん無料で、コンビニでも一切費用はかかりません。
 
このネット申し込み型のキャッシングでしたら、いつでも好きなときに、おまとめでも、ちょっとした融資を希望する方でも最適ですので、是非利用してみて下さい。
大手だからできるキャッシングサービスが体験できるでしょう。
 
是非、女性にも優しい口コミ評判抜群のプロミスにお申込みされてみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


最近では、消費者金融大手では初となる、アイフルが私的整理に着手したり、また大手アコムが三菱UFJ銀行の完全子会社化になるなどキャッシング業界内での経営悪化や企業再編が相次いでいます。
消費者金融大手の中でも、特に女性や主婦の方向けにキャッシングに力を入れて取り組んでいると口コミ評判好評なのがプロミスです。

プロミスは、三井住友銀行グループの傘下ということもあり、ユーザーからの評判がかなり高く、数多くの消費者金融の中でも抜群の好評さを誇ります。

プロミスはここ数年、「信用保証」業務にも力を入れており、消費者金融の一番の収益の柱であるキャッシング金利以外でも安定して収益を確保しています。
信用保証業務とは、簡単に言うと他社ローンに申し込んだ人に保証をプロミスが行い、手軽に融資サービスが利用できるようにするサービス業務のことを言います。

収益が入る仕組みとしては、「プロミスが保証を行う代わりに他社ローンの儲けの一部を受け取る」という流れになっています。
例えば、CMでも馴染みの深いアットローンの保証も実はプロミスが行っています。

また、プロミスは、ネットキャッシングに相当力を入れていますので、家族や知人にキャッシングを知られたくない女性にとっては、まさにプロミスはありがたいサービス体制を整えてくれています。

プロミスは、利息返還請求の急増の影響などにより、赤字が続きましたが、実は実態はさほどな大影響ではないのが実情です。
というのも、そもそも昨年度の巨大な赤字は業績悪化というよりも、会計基準が変更されたためという事情によるものだからです。
企業体制としても、2009年4月~6月期決算において、純利益は同前年比28%減の86億円と黒字を確保しています。
利息制限法の上限を超える利息(過払い金)返還請求の増加傾向が一服し、引当費用が減少したので、そろそろ反撃の準備が整ってきたと言ってもいいのではないでしょうか?

プロミスは、必ずCMや広告や看板を一度は誰もが見たことがあるくらい有名な大手消費者金融というだけでなく、大手で安心してキャッシングをしたい女性や主婦の方には、もってこいの口コミでも評判抜群の好評キャッシングなのです。

また、最近では、プロミスでは社長交代の発表があり、同族出身から三井住友銀行出身の方から排出するということで、プロミスは銀行グループとしてのキャッシングサービスを一層強化していくようですので、ますます期待の持てる消費者金融です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングを申込む際の審査では、実は主に2つの審査をしているのはご存知でしょうか?
一つは、消費者金融などの直接店舗での審査と、もう一つは、信用情報機関での審査の2つから成り立っています。

消費者金融では、申込みの際の「本人確認」と「申込み書記入」を無事に経てから、各社独自の「スコアリング」と呼ばれる自社与信システムで膨大な顧客(利用)データから申込み者の属性を割り出し審査をしていきます。

消費者金融各社は自社与信システムと、もう一つ重要な確認事項の一つとして加盟する「信用情報機関への照会・登録の承諾」を行っています。申込み者との融資の契約が成立した場合、消費者金融各社は自社が加盟する信用情報機関への登録が義務付けられています。大手中堅以上のキャッシング業者は必ず新規契約時から信用情報機関への照会をしています。

各信用情報機関には、同機関に加盟する会員(消費者金融)各社の顧客情報や債務情報が統合・管理されています。
顧客情報とは、「本人の氏名や住所、電話番号や勤務先などのこと」を表します。債務情報とは「本人がいつどこでいくら利用して返済日はいつ等」を表しています。

今や、キャッシング市場における信用情報機関の影響力は絶大で、新規契約時のみならず定期的に行われる途上与信においても絶対的な影響力を持っています。

現在、日本には4つの信用情報機関が存在します。キャッシング各社はそれぞれ、どの機関に機関に加盟するかは入会条件さえクリアーすれば入会できるようになっています。しかし、一部制約を受ける機関も存在します。
この5つの信用情報機関の中で、一番情報精度が高い機関が日本信用情報機構(旧全情連で、信用情報機関の一つである㈱CCBと2009年8月1日に合併)です。
これには背景として、「旧全情連」の理念でもある「全権登録」を会員各社に義務付けいているところに起因しているところが大きいからです。

こうして、消費者金融業者自社の与信審査システムと信用情報機関の2つの与信システムから最終的に申込み者の「与信額」が言い渡されることになります。


人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


キャッシングを利用する際の判断基準の一つとして、「口コミ」はかなり重要なバロメーターになります。
特に、口コミでの評判を集め、キャッシングユーザーに好評なネットキャッシング会社があります。
例えば、ネオラインキャピタル無担保ローンは、即日融資でキャッシングが可能と評判好評です。

またネオラインキャピタル(元ライブドアクレジットの商品名で、社名は旧かざかファイナンスという名前で、ライブドアから譲渡された経緯があります)は、他社とは違った独自の柔軟対応でも口コミ評判が好評です。
特に、ネオラインキャピタルの無担保ローン(金利15.0%~18.0%、最高99万円まで融資可能、)はお薦めのサービスを展開し、非常に人気があります。

無担保ローンは即日で融資を行っていますが、そこまでは他の金融会社と一緒です。
さらに無担保ローンでは、他の提携しているサービスとの同時の申込みを行うことで、短時間で希望した融資を受けることが可能となっているのです。
もっと簡単に言うと、「一度に複数のサービスの申込みができる」ということです。
これは、他の金融会社にはない独自のサービスといって良いでしょう。

さらに、ネオラインキャピタルは、大手にはない非常に小回りの利くネットキャッシングとして好評で、消費者一人一人に対し、キャッシングに関する相談窓口の対応が、非常に熱心と好評ですので、数社借入のある方も是非相談されることをお勧めします。

ネオラインキャピタルと深い関係にあるのが大手消費者金融会社のプロミスです。
もともとプロミスは、ネオラインキャピタル(旧ライブドアグループのライブドアクレジット運営時代)と提携して、プロミスがオンラインモール運営に進出するという話が以前にあった経緯があります。
当時ライブドアは、プロミスにシステムやノウハウ面でのサポートする立場でした。
ネオラインキャピタルとプロミスから同時申込みで希望の融資を受け取ることが限りなく可能になります。

この独自のキャッシングサービス展開が、ユーザーから口コミでの評判が抜群なのもうなづけます。

ネオラインキャピタルは他にも独自におもしろい商品を展開し、人気が衰えません。
ネオラインキャピタルのキャッシング商品では、他にも萌えローン(金利15.0~18.0%、最高100万円まで融資可能)などが代表的です。

一度で二度おいしいこのサービスを是非利用してみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングにおける最初の関門である申込みで「本人確認」と「申込書の記入」を無事に突破すれば、続いて消費者金融会社独自の自社与信システムが活用され、最後の審査へと進んでいきます。

これは、「スコアリング」と呼ばれ、各社が独自に自社における過去の膨大な取引データを基に独自の捉え方で属性に優劣を付けたり、組み合わせていきます。

消費者金融の審査では、「属性モデル像」を基本として与信方法を行っています。「属性モデル像」とは、過去の膨大な取引(顧客)データから、申込者に一番近い属性を持つモデル像としてピックアップしてきて、そのモデルが新規契約後、どのような利用履歴をたどっているかを検証し、そこから申込者の「未来の利用状況」を予測します。
そして、最終的に契約の可否や利用限度額を決定していきます。

唯一、この「属性モデル像」の欠点としては、「同一属性モデル像の人物は同一人物と見なされてしまう」場合があるという点です。
これは例えば、キャッシング申込み者に近いと判断されて抽出されたモデル像が、以前、該当する消費者金融会社において、あまりにも酷すぎる利用の常習者だった場合、この会社のシステム上、キャッシング申込み者は「あまりにも酷すぎる利用をする」と判断されてしまう場合があります。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングを上手に利用するには、いかに低金利でかつサービスを十分に活用できるかがポイントです。
特に、無利息キャッシングサービスは、女性にとって大変な味方になりますし、口コミでの評判が好評な金融会社がいくつかあります。
その中でも、女性の口コミ評判が好評な消費者金融がレイクレディースローンになります。

レイクレディースローンでは、30日間無利息キャッシング利用することで、キャッシングをより有効に利用することが可能です。
さらに、レイクでは、2010年1月27日までの新規契約者の方は10万円までの借入なら、ずっと金利が半分になるという驚異的なキャンペーンを実施中ですので、さらにお得に借入返済可能となります。

年収の3分の1を超える融資は原則として禁止とする、いわゆる「貸付金の総量規制」(2010年6月より完全実施)の2007年末から段階的に実施となり、特に女性の方にとっては、非常にキャッシングしにくい状況となることが予想されますが、より有利にキャッシングができるようにするために、無利息サービスを有効に利用することが一つの対策になります。

レイクの旧運営会社であるGEコンシューマー・ファイナンスは、「リストラによるスリム化」を思い切って実行しました。
結果として、その対策が成功し、女性ユーザーの口コミ評判での好評を呼んでいるのがお薦めする最大の理由です。

さらにレイクは、親会社のGEグループがGEコンシューマー・ファイナンスの売却先をノーローンでおなじみの新生銀行グループに決定されました。
新生銀行グループは、特に個人向けのキャッシングサービスに強い企業と評判です。
ですので、現在では新生銀行グループの中で、キャッシングサービスが継続されています。
CMキャラクターも夏川純さんから、山田優さんへと変わりました。

今現在、レイクレディースローンでは驚愕の無利息キャンペーンを実施中ですので、融資を受ける絶好のチャンスでもあります。新規ユーザーの方は30日間無利息キャンペーンを実施中です。これは見逃せない絶好の機会です。
月々3000円から返済可能なところはまさにレイクならではの強みです。実質年率は15.0~18.0%、融資額も最高100万円となっています。

これだけ大胆なキャンペーンや商品開発が実施できるのは、まさに女性ユーザーからの絶大な口コミ評判による好評さがあるからと言えます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

利息返還請求増加やグレーゾーン金利撤廃による影響で、どこの消費者金融も苦戦を強いられているなか、口コミの評判が好評な、特に女性や主婦の方に向けたキャッシングサービスを強化している金融会社がいくつかあります。

実は、女性や主婦の方に対してキャッシングサービスを充実させている理由として、女性ならではのキャッシングの特徴というのが挙げられます。
この特徴は、いくつか男性とは違う性質があります。

・キャッシング市場の中での女性の利用者数は3~4割程度
・女性は男性に比べ、パート・アルバイトの形態で職業に就く人が多い
・男性に比べ、女性の方が返済期日までに返済をする割合が高い
・特に初めてキャッシングを利用する女性は相当不安が強い
・男性に比べ、家族や知人に知られたくない気持ちが強いため、自宅でできるネットキャッシングを好む傾向にある


などの性質が挙げられます。

キャッシング業者にとっては、女性や主婦の方は返済期日までに返済をしてくれる割合が高いため、男性よりも優良なユーザー(顧客)として捉えられています。

返済はキャッシング業者にとっては、当然のことながら利益に直結する最も重要なものですので、なおさら優良として扱ってくれるのもうなづけます。

これらの特徴を把握した上で、女性・主婦の方にお薦めの口コミ評判が抜群に好評なキャッシングサービスを紹介したいと思います。
キャッシング業者によって、独自にサービスが異なりますので、自分に合ったキャッシングサービスを選んでください。

大手で安心したい方はこちらの好評なキャッシングがお薦めです。
<大手消費者金融系>
プロミス

<大手銀行系>
アットローン

自宅で申込みから融資までできてしまうネットキャッシングを利用したい方はこちらがお薦めです。
<ネットキャッシング系>
キャレント
共済クレジット
ネオラインキャピタル
萌えローン
女性専用キャッシングで安心したいという方はこちらがお薦めです。
<女性専用キャッシング>
レイクレディースローン

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングの申込み書記入の際、消費者金融は一体何を基準にして審査を行っているのでしょうか?
実は、キャッシングの審査では、あまり重視されない項目(属性)というのがあります。
それは、「自己申告が可能で、さらに裏取りが不可能な属性」です。
それでは一つずつ見ていきましょう。

年収(月収)
一見、重視される項目のように見えますが、実はあまりキャッシング業者は重視しません。
というのも、ここでは自己申告によって記入された「年収」となってしまうためです。

使用目的
この「使用目的」は記入の仕方によって、有利にも不利にもなります。
キャッシングの申込書には、アンケート項目として「使用目的」と「当社を知った媒体(または理由)」というのがあります。
ほどんどの申込書は選択式になっており、○を付けてもらうものが多いです。
ここで注意していただきたいのが、「あまりにも素直に記入する」ということはしないほうが良いです。
「使用目的」でたとえ、本音は「ギャンブルに使うため」や「他社の借り入れ返済」「生活費」という目的であっても、キャッシング業者にとっては「返済レベルが低い」と判断されてしまう可能性が出てきます。
ですので、例えばこの場合、「レジャー資金」や「車の購入」などに○を付けると良いでしょう。

申込み書の記入は非常に奥が深いです。
是非参考にしてみてください。

また、すでに何社か借入のある方は、借入件数に注意していください。
最近の、キャッシング法規制強化や利息過払い金請求問題で、消費者金融のキャッシング審査はさらに厳しくなっており、特に借入件数は非常にシビアな審査基準となっています。

消費者金融大手では、3件以内を目安にしてください。
また、銀行系キャッシングでは、2件以内を目安に、これ以上多い方は、1件でも減らすようにしましょう。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます



貸金業法の改正は、消費者金融など貸金業者の経営を大きく変える契機となりました。

来年2010年6月に完全施行されれば、上限金利は現在の年率29.2%から15~20%に引き下げられます。
また、顧客の総借入残高が年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する「総量規制」も導入されます。
そのときに備え、消費者金融ではキャッシング審査を厳格化して、融資を優良顧客に絞ることを迫られているのが現状です。

今年5月の消費者金融大手の成約率は、プロミス41.5%、アコム39.1%、武富士27.4%、アイフル17.2%となっています。

3年ほど前の成約率は各社とも6割前後でしたが、今ではプロミスに借り入れを申し込んだ人の6割、アイフルでは8割の人が「借りられない」現状です。

さらに、総量規制には「現在の利用者の44%が該当する」と言われています。(日本貸金業協会の調べ)。
専業主婦の方は事実上、夫の承諾がなければ借りられなくなることになります。

消費者金融側では、貸し倒れを少しでも減らそうと、借り手の年収や総借入残高を把握するために、信用情報機関を活用するコストも重荷です。
また、過去に借り手が払いすぎた利息を返還する「過払い利息返還請求」も経営の圧迫材料です。

消費者金融大手4社が、2009年3月期に返還した過払い金の総額(元本相殺分を含む)は、6728億円もあり、同期決算では、今後の返還に備え、数千億円規模の引当金を積んだ武富士やプロミスが、最終赤字に陥りました。

日本貸金業協会の調査では、消費者金融に融資を断られた人の6%がヤミ金融など違法業者に手を出しているということもあり、消費者金融が壊滅状態になれば、借金を抱えた消費者は、さらに増えていくのが現状です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます






よく、消費者金融の審査は甘いと言われますが、別に甘いというわけではありません。
ただ、消費者金融会社の規模や独自の審査方法により、通りやすいかどうか判断されます。

金融会社によって、さまざまですが、消費者金融が実際にキャッシング申込み時の審査で、どのようなところを注意してみているかという点に関しては、共通しているものがあります。
これを把握することは、非常にキャッシングを受ける側にとっては有利な情報です。

キャッシングの新規申込み・審査時に、自分の仕事や勤務先、他社に借り入れがないかどうかなどの項目を申込書に記入しますが、これらの項目をキャッシング業界では「属性」と呼んでいます。

数ある属性の中でも、ほとんどのキャッシング業者は「その人の素性」が出る属性や、明白な裏づけが可能な属性について特に重要視します。
また、どのくらいの収入レベルなのかを明確に判明する属性に関しても重要視します。
では、一つずつ特に重視される属性を見ていくと、

年齢
大手の消費者金融は中心利用者の対象を「20~30代」としています。そのなかでも特に「未婚(独身)」の方に比重が置かれています。
これは、「可処分所得の大小」(=自由に使えるお金の大小)を前提に捉えているためです。
年齢が上がれば上がるほど審査は難しくなっていくのが現状です。これは、「貯金の蓄え」に関して重要視しているからです。特に、40歳代以降になると契約もしくは与信額設定に慎重になる年齢層となります。

電話番号
最近では、携帯電話だけ持っていて固定電話を持っていない単身の若年層に多くなってきました。一番有利なのが、「固定と携帯の両方」を所持している方、次に「固定電話のみ」そして最後に「携帯電話のみ」という優先順位になっています。
これは、「キャッシング業者から確実に利用者への連絡をつけることができるかどうか」の信用度の高い連絡先の優先順位となっています。
「固定電話」は、「現住所」とつながっているため、それが結果としてキャッシング業者に「信用」を与えます。一方、「携帯電話」は契約・解約がしやすいので信用度は非常に低いです。
※携帯電話では、審査に落ちるということではありません。

職種(職業)
通常、キャッシング業者では「離職率の低い職業」が有利とれます。例えば、公務員であったり、その次にサラリーマン、いわゆる会社勤めの方が有利とされています。
逆に、不利な職業は「離職率の高い職業」「不安定な職業」です。日雇い労働や自営業などがその例です。

居住年数
特にキャッシング業者は、「年数」を重要視します。これは、何年も年数を積み重ねることにより信用が高まるためです。もうひとつの理由として、「その人の場所を特定しやすい」という理由があります。

実際に、消費者金融が注目する属性と利用者(消費者)が思う重要な項目とが意外と上記のように異なるのが現状です。
常に消費者金融の視点で申込書を記入する必要があります。

また、他社借入のある方は、件数も注意してください。
2010年6月より、総量規制の完全実施に伴い、グレーゾーン金利が完全廃止となるため、かなりキャッシング審査が厳しくなっています。

目安としては、消費者金融では「3件以内」で、銀行系キャッシングに申込まれる場合でしたら「2件以内」が望ましいです。

どうしても件数を減らすことが難しいようでしたら、現在利用しているキャッシング店舗にアドバイスを求めるのも一つの方法です。

これにより、思わぬ解決方法が見つかる場合もありますので、ぜひ利用されることをお勧めします。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます



実は、キャッシング申込み時の審査の際に、キャッシング審査にかなり有利な証書があります。

キャッシングの新規申込み時に、必ず必要とされるのが「本人」の特定が確定できる証書です。
通常、審査の際はこれしか必要としません。

実は、本人確認書類で最も有利に審査に働くモノがあります。

運転免許証でもパスポートでもありません。

それは健康保険証です。
健康保険証の中でも職業によって色々種類はありますが、その中でも特に「公務員共済健康保険証」や、「社会健康保険証」、また「組合健康保険証」などでも有利に働きます。

これは、「ある程度のその人の資金力(=返済能力)」を見極めることができるため、優位に働くのです。
職業レベルが明確に判別できたり、職種レベルに特化した保険証はそれだけで有利になります。

逆に、あまり有利に働かない保険証は、自営業や無職者が加入している「国民健康保険証」です。
(※国民健康保険証では審査に通らないということではありません。)

例えば、アイフルでは与信審査の際、最初に保険証による顧客属性の切り分けをしていますので、それほど健康保険証の威力は凄いです。

参考程度に覚えていただければと思います。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます



給料日前で、あと一週間どうしてもお金が必要な状況になることがあります。
そういう時には、口コミ評判でも大好評の1週間無利息のキャッシングサービスを提供しているノーローンを利用されるのが最適です。

ノーローンが提供する1週間無利息キャッシングサービスは、借入日から7日間は、通常かかる金利が無料になるという画期的な無利息サービスです。
  
しかも、ノーローンは新生銀行グループということもあり、銀行系キャッシング・ローンという面でも安心して融資の借入れが可能です。
1週間無利息適用後も、借入れがしやすい9,5%~18.0%と低金利で設定されており、融資最高額は300万円までと、幅広い利用ができます。
 
短期間での無利息キャッシングサービスを実施している企業は他にもありますが、この低金利は、銀行にしかできない特徴と言ってもよいでしょう。
 
このノーローンは、1間無利息というメリットがあるのですが、即日振込サービスならば、電話はもちろんネットからの申込もでき、最短20分での審査というスピーディな対応もしてくれます。
 
また、初めて借入をするという人にも迅速な対応で、口コミでの評判も抜群に好評です。
    
また、ノーローンでは、もしイーバンク銀行口座を持っている方ならば、融資も返済も、ネット上だけで手続きが完了するという、非常に利便性が高いものとなっており、こちらも好評です。
 
もしその場にパソコンがない、といった状態であっても、携帯電話で融資が受けられ返済も可能なので、いつどこで起こるか分からない緊急時でも、柔軟な対応をしてくれます。
携帯電話一本で、全て完了するのは嬉しいサービスです。
 
24時間、時間外であっても手数料は無料ですし、持っているだけでかなり得をするので、この機会に口座開設しても良いかもしれません。
  
1週間無利息で計画的に活用し、返済額を減らしたいという人や、短期間でのキャッシング利用をするならば、口コミ評判が好評のノーローンで決まりです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

少しでも、キャッシングを有効に利用するなら無利息融資サービスが、口コミでも評判のキャッシング会社を選択するほうがお得です。
特に、口コミで好評なのが、新生銀行グループのシンキノーローンのキャッシングの無利息融資サービスになります。

最近ではキャッシングの申し込みもネットやモバイルなど携帯電話で気軽に利用ができるようになりました。
ノーローンでもネットでのキャッシングサービスが充実していると口コミでも評判が好評で、もちろんネットにおいても最大で1週間の無利息融資サービスを受けることが可能です。

ネットでのキャッシングサービスは、24時間どこにいても融資から返済までを受けられるという点も利用者にとって、大きなメリットとなるでしょう。
 
ノーローンのキャッシングは、新生銀行グループで提供しているキャッシングであり、銀行系ということもあって、非常に口コミでの評判の好評さはもちろんのこと、人気の高いキャッシングです。

しかもノーローンでは銀行系ならではの金利で、1週間無利息適用後も9.5%~18.0%と柔軟な金利対応で融資をしてくれます。
 
もしあなたが給料日まであと1週間と想定しましょう。
そんな時、「どうしてもお金が必要」そのような境遇になった場合、どの基準でお金を借りますか?
 
どんなに金利が低いとうたうキャッシングでも、原則7日間の利息は支払わなくてはなりません。
 
しかし、ノーローンは1週間の利息は無料です。
 
7日間は無料で借りられるという事ですので、7日以内に返済ができると分かっている方ならば、尚更お得なキャッシングなのです。
 
よって、ユーザーの利用のしやすさを第一に考え、計画的なサポートをしてくれる点も魅力なのです。
 
短期間で借りたいという方にはうってつけのキャッシングですが、低金利で計画的な返済プランを立てることができますので、長期に渡って返済をしたいという方にも好評です。
 
さらには、完済日の翌月以降の借入の場合も、1週間の無利息が適用されるのです。
 
他社でも一定期間無利息融資サービスは実施していますが、この完済日の翌月以降も無利息は恐らくノーローンだけでしょう。
ですので、ノーローン独自のサービスと言えるのです。

さらに、ノーローンでは、限定キャンペーンとして、新規契約者の方は初回30日間無利息を実施中です。

初回30日間無利息適用後、完済した日の翌月以降の借入は、なんどでも1週間無利息サービスが適用されますので、大変お得です。

また、イーバンク口座をお持ちならばさらに便利な利用ができます。
リアルタイム取引を利用すると、ネット上で時間外でも手数料無料で借入と返済ができるのです。

そして、さすが銀行系というだけ、提携ATM台数も豊富です。
ローソンやセブンイレブンといったコンビニや地方銀行など、利便性に関しても高いレベルを見せつけてくれます。
 
もちろん、手数料も無料で利用ができるのでパーフェクトなキャッシングと言えます。
 
もしあなたが短期間の借入や、返済額を抑えたいと考えるならば、1週間無利息融資サービスを利用してみてください。
 
融資面でも比較的柔軟さを兼ね備えていますので、初めての方でも安心してキャッシングができることでしょう。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


キャッシングサービスを少しでもお得に利用するコツは、即日融資対応で、しかも無利息のキャッシングサービスを利用することです。
特に、1週間無利息で口コミでも評判が好評の新生銀行グループの消費者金融ノーローンなら、即日対応でのキャッシングがネットからでも可能です。
 
このノーローンのように、一定期間の無利息キャッシングのサービスを展開している消費者金融は何店舗か存在しますが、その中でも抜群に金利が低いと言えるでしょう。
しかも、その中でもかなり柔軟な対応をしてくれるはずです。
 
1週間無利息適用後は、9,5%~18,0%とユーザーには、嬉しい超低金利での提供で、なかなか口コミ評判が良いキャッシングのようです。
しかも、1週間無利息というのは1度きりの利息ではなく、完済日の翌月以降も、1週間の無利息が適用されるのです。
 
このサービスはノーローンだけの独自のサービスと言っても良いでしょう。
 
また一ヶ月借入をした場合でも、一週間分の利息は適用されません。
もし、金利18.0%で10万円の借入をしたとすると、1週間無利息ですので、通常よりも345円も差が出るのです。
 
この利息の差は、借入をする人にとっては大きなメリットになるでしょう。
 
1週間というと、短いと感じるかもしれませんが、給料日まであと1週間のような場合や、持ち合わせたお金では足りなく、急きょキャッシングが必要になった場合等はとても便利です。
 
このように前もって、返済できる見込みがあるならば、是非この即日サービスが適してると言っても良いでしょう。

さらに、12月30日までの限定キャンペーンとして、新規契約の方は、初回30日間無利息となりますので、かなりお得なキャンペーンを実施中です。

30日間無利息適用した完済日の翌月以降から、1週間無利息が何度も利用可能ですので、今がお得にキャッシングを利用する絶好のチャンスとなります。
  
また、このノーローンではネットから申し込むと、即日でキャッシングを行ってくれます。
この即日振込みは、スピーディな対応をしてくれますので、何日も待つ必要がありません。
 
また、イーバンク銀行口座を持っている方ならば、土日も夜間も手数料が無料で、借入と返済が完了する『リアルタイム取引』が便利です。
 
もし現在、イーバンク銀行口座を持っていないという方は、このイーバンク口座を持つことをお勧めします。
ノーローンとイーバンク銀行の有名同士が提携を組んだ事からも、さらに、安心したキャッシングができることでしょう。
 
ネット上のみで全て完結してしまう上に、通常取引にかかる手数料もゼロ円で利用できるのは、ノーローンだけの特徴です。

トータル的に見ても、金利面や審査面でもユーザーには優しい条件となっていますので、初めての方でも安心した口コミ評判抜群のキャッシングができるでしょう。
 
給料日までの数日間借入れをしたいという方や、返済を抑えたい方、即日キャッシングをしたい方には特にお薦めの好評無利息キャッシングです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

最近では、短期間の無利息融資サービスを提供するキャッシング会社が増えてきました。
数あるキャッシング会社の中でも、少しでもお得に融資を受けたい方には、無利息融資の口コミ評判が好評の銀行系キャッシング・ローンのサービスがお勧めです。

特に、1週間無利息になる新生銀行グループシンキのノーローンは、ユーザーからの口コミ評判が好評です。

ノーローンは、無利息適用後の金利も9.5%~18.0%と超低金利で、かなりお得になっています。
1週間無利息は、給料日まで短期間に借りたいという方には、とてもピッタリなサービスなのではないでしょうか。
 
給料が出たらすぐ返済ができるのに、たった数日間のために利息を払うのは気が重いと思うのなら、即ノーローンをご利用下さい。
1週間は、無料でキャッシングができます。 
 
また7日間を超えた場合は、8日目以降からは9.5%~18.0%の金利が適用されます。
しかし返済時には、この金利は7日間は付きません。
 
しかも、完済日の翌月以降の借入も1週間無利息が適用されるのです。
これはかなりお得です。

さらに、今ノーローンでは、初回30日間無利息キャンペーンを実施中ですので、さらにお得にキャッシングが可能となっています。

このキャンペーンは、12月30日までの限定となっており、新規契約者の方限定となっています。

このサービスは、初回30日間無利息で、適用後完済日の翌月以降は、1週間無利息サービス適用となりますので、かなり金利がお得になります。

もちろん、1週間無利息は、なんででも利用可能となりますので、計画的に利用されると大変お得です。
 
さらには、ノーローンは申し込みから最短で約20分で回答をしてくれます。
 
申し込みもとても便利で、ネットからでも電話からでもできて、お店に行く必要がありません。
その後はその日のうちに、あなたの口座に振り込まれるので、家にいて家事をしながらでも、テレビを見ながらゴロゴロしていても、申し込みから振込まで完了してしまいます。
 
ノーローンは、新生銀行グループが提供するキャッシングです。
そのため、提携金融機関がとても多いのです。
 
もし、あなたがイーバンクを利用中ならお得度はもっとアップします。
24時間返済が可能なのはもちろん、通常手数料がかかる日や夜間といった時間帯でも、手数料はかかりません。
 
1週間の無利息に加え、手数料も無料なのは、シンキのノーローンだから出来ることではないでしょうか。
 
さらにノーローンでは、独自のポイントサービスが好評です。
これは、ノーローン会員専用サービスから『参加登録』を行うだけで手続きが完了し、以後は返済ごとのお支払い利息額に応じてネットマイルや、ネットショッピングで利用可能なポイントがもらえるGポイントサービスです。
 
返済しながら、お得にマイルやポイントを貯めたりと気軽に利用できるのはノーローンだけです。
 
短期の借入なら、利息が無料で、さらには、毎月ポイントがたまるお得なノーローンに是非お申込みされてみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングサービスは、大きく消費者金融、銀行系、ネット系の形態に分類できます。
それぞれのメリットを兼ね備えたキャッシングサービスを提供しているのが、最短審査で口コミ評判好評な低金利キャッシングのキャッシュワンになります。

最近のキャッシング市場は、利息返還請求の急増やグレーゾーン撤廃の動き(来年2010年6月よりキャッシングの法規制が完全実施)の影響で、かなりの大打撃を受けました。

日本消費者金融協会(JCFA)がまとめた19年度の「消費者金融白書」によると、5社に1社が消費者金融からの撤退を検討しているということが分かりました。
消費者金融会社の厳しい経営環境が改めて浮き彫りになりました。

その様な状況の中で、ますますキャッシング業界の競争が激化し、一方では倒産し、また一方では大手に吸収され傘下に入ったり、また、お互いのメリットを活かした提携を結ぶことでサービス向上と利益確保を目指した様々動きがあります。

まさに、お互いのメリットうまく活かした提携の成功例としては、三菱東京UFJ銀行グループの低金利カードローンのDCキャッシュワンと消費者最大手アコムとの提携でした。

これは、簡単に言うと銀行系の低金利と高額な融資額、消費者金融の最短審査と即日融資性を見事に合体させた新サービスです。
通常、銀行系は低金利、高額融資な分、審査が非常に厳格で即日融資は困難と言われています。それをうまく解決したのが消費者金融の迅速な審査と即日性です。

実は、キャッシュワンは、同銀行グループのDCキャッシュワンが、三菱UFJフィナンシャル・グループである消費者金融最大手アコムの完全子会社となって誕生した新生のキャッシングサービスです。

背景としては、アコムは、DCキャッシュワンを吸収合併すると、2009年2月19日に発表があり、そしてアコムは、4月1日付でDCキャッシュワンを100%完全子会社化したうえで、5月1日より吸収合併した経緯があります。

ですので、キャッシュワンは、大手アコム傘下のキャッシングサービスということになります。

もともと、キャッシュワンの前身であるDCキャッシュワンは、2001年に東京三菱銀行と三菱信託銀行とアコムが、共同で設立した大手銀行系の消費者金融です。
今までDCキャッシュワンでは、提携先のアコムに完全に審査と貸出金の回収業務を委託していましたが、現在は、キャッシュワンは、上記のとおり、アコムで完全に展開をしています。

キャッシュワンは、前身のDCキャッシュワンの特性を十分に生かしながら、さらにアコムのキャッシングノウハウを合体させ、さらに強力なキャッシングサービスと進化しました。

キャッシュワンのサービスと特徴として、まず、3秒診断で十二分に消費者金融のメリットを活かしています。

普通の申し込みとは違い、記入欄が少なく、簡単で素早く申し込みができるので時間がない方でも安心です。
 
また融資においても、最短で即日振込みが初めての方も可能で、急ぎの場合や、急な出費でも安心して借入ができます。
これは、「新規振込みサービス」で利用で可能となります。

キャッシュワンは、銀行系キャッシングの中でも「審査対応がかなり迅速で助かる」という口コミの評判が好評柔軟な対応も期待ができます。
  
また、キャッシュワンでは、ネットでの借入返済にも力を入れており、24時間体制でネット上で借入返済が可能なため、ユーザーから大変好評を得ています。

もうここまでのサービスになると、DCキャッシュワンは銀行系+消費者金融系+ネットキャッシングの3つのサービスを見事に実現していることになります。
 
メリットは、申し込みや審査の手軽さだけではありません。
上記でも表示したように、7.7%~17.8%の低金利という部分と、最高融資額が300万円までと、かなりゆとりを持って借りられるのは銀行系のまさに強みです。
 
また利便性が高い上に、全国のATMやコンビニでも借入れ返済が可能で、口コミでの評判も抜群に好評と言えます。
  
審査時間と金利については、銀行系の低金利キャッシングの中では、トップクラスで、さらにネットキャッシングの利便性まで兼ね備えたキャッシュワンです。
借入返済シュミレーションがウェブサイトにあるので、まずはお試してみて下さい!

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


どこの銀行でも、ネット上で銀行系キャッシングサービスを始めていますが、銀行系キャッシングは低金利融資で、安心感があるというのは、多くの方が感じるられている評判のキャッシングです。
そんな中、信頼度と低金利融資を兼ね備えた口コミ評判好評の銀行系キャッシングがキャッシュワンになります。
   
キャッシュワンは三菱UFJフィナンシャル・グループである消費者金融大手アコムの大手銀行系キャッシングサービスです。

もともとキャッシュワンは、DCキャッシュワンというキャッシングブランドとして、米倉涼子さんのCMでお馴染みで有名でしたが、今年の5月に同銀行グループであるアコムの完全子会社として、新たなスタートを切った経緯があります。

キャッシュワンは、アコムの完全子会社になったことにより、キャッシングサービス体制がより強力となりました。

現在、キャッシュワンでは、圧倒的な低金利融資を行っており、ユーザーでも口コミ評判好評です。

7.7%~17.8%と、大変リーズナブルで、もし100万円以下の借入であっても、17.8%の金利が適用されるなど、利息制限法に基づいた金利体制が嬉しいです。
 
また、最高融資限度額が300万円までと、大口融資を希望される方、他社を一本化したいという方にもお薦めなキャッシングでもあります。
 
しかも、他社と比較をしてみると異なる点があります。
というのも、他社では最高額をアピールしていても、初回に借入できる額というのは制限されてしまいます。
また、ネットからの申込ですと、最高でも100万円という所が限度ではないでしょうか?
 
しかし、このキャッシュワンのキャッシングサービスでは、ネットからの申し込みでも、初回から300万円の低金利融資が可能なのです。
この柔軟さには、他社にはできない試みと言っても良いでしょう。

また、このキャッシュワンは、「3秒診断」が口コミも評判好評で、多くの方が利用しているようです。
このスピーディな審査は、ネットからの貿易審査のことで、今すぐ融資を受けたいという方に向けたものでもあります。
 
自宅で、ネット上だけで高額融資を受けられるというのは大きなメリットでもあります。
 
また、「新規振込みサービス」を利用することで、初めての方でも当日中に即日振込が可能ですので、文句なしのキャッシングサービスと言えるでしょう。
 
キャッシュワンでは、アコムのATMはもちろんの事、母体となる三菱東京UFJ銀行のATMや、全国の信用金庫、コンビニ(セブン銀行)といった、利用できるATMは数は圧巻です。
 
おまけに、手数料も無料で利用がきるので、全国のあらゆる場所での借入・返済ができ利便性が非常に高いのです。
銀行系キャッシングの中でも、今一番熱いキャッシングです。
 
キャッシュワンは、即日対応に強い大手銀行系キャッシングです。
銀行系の特徴である、融資までの過程に時間がかかるというイメージを覆されるキャッシングと言っても良いでしょう。
 
また、銀行だからと堅実ということもなく、対応においても非常に高い評価と口コミ評判の好評さを得ているようです。
スピーディなのに丁寧で、多くの利用者が満足しているようです。
 
低金利で、スピーディで、大口融資にも対応しているキャッシュワン
是非お薦めな大手銀行系キャッシングです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングを利用する際は、必ず審査があります。
申込みから融資、契約に至るまでの流れを把握することで、より自分に有利な条件でキャッシングサービスを利用することが可能です。

最近では、ネットや携帯だけで申込みが完了できるキャッシング店舗が増えています。

一つ一つの段階ごとに重要な意味があります。
一つ一つあなどれない項目ですので、全体の流れを見てみましょう。

1.申込み
 本人確認書類の提出
 申込書の記入


2.受付
 質疑応答による聴取・質問


3.確認
 借り入れ意思の確認
 信用情報機関の照会・登録への同意承諾
 本人確認書類の確認
 電話による勤務先などへの在籍確認


4.審査
 自社の与信システムによる審査
 信用情報機関の活用
 支店長(与信責任者)が与信限度額を最終決定


5.契約
 契約書の作成


6.契約完了
 カード発行


7.融資開始
 借り入れ⇒返済⇒繰り返し・・・

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

より確実に即日キャッシングを利用したい方に最適な、口コミ評判好評なネットキャッシングサービスがあります。
それは、設立間もない中小規模のネットキャッシングの消費者金融になります。

2010年6月より、いよいよ本格的に実施されるグレーゾーン金利廃止より前倒しで、消費者金融各社は金利の引き下げを行っており、銀行系並みの低金利で借り入れが可能となってきました。

特に、即日での融資借り入れを望んでいる方には、消費者金融の中でも、小回りが抜群に利く融通性抜群の中小規模の新興金融会社のネットキャッシングサービスが、抜群にお勧めです。
設立間もない消費者金融会社は、認知度もまだ低いため、新規顧客獲得の取り組みに必死です。
ですので、一人でも多くの方に融資をしたいと考えておりますので、確実に即日でキャッシング融資を受取る可能性が極めて高くなります。

さらには、従来のキャッシングよりも、18%以下での金利で借り入れができるので、高い金利に気にすることなく安心して毎月の返済も可能です。
新興の消費者金融では各社、独自のサービスで顧客獲得に積極的に取り組んでいます。

例えば、キャレントでは今までになかった30日間無利息サービスを何度でも利用できるのが特徴です。
今までは無利息サービスは、新規の方限定であったりとか、ノーローンの1週間無利息サービスですと、利用の翌月以降に再度利用可能と期間を空けないと、利用ができないなど利用が限られていました。
その常識を覆したのが口コミでも評判のキャレントのサービスと言うことになります。

また、共済クレジットのフリーローンのサービスでは、返済期間の長さが口コミ評判です。
フリーローンでは最高99万円まで融資が可能となっておりますが、返済期間が最長10年まで可能です。
通常の消費者金融では、例えば18%の金利で50万円の融資を借り入れした場合、3年で返済ができるように設定されています。
共済クレジットでは、毎月の返済を無理することなく、低額での返済が可能となっています。
(共済クレジットは、融資は直接来店となります。)

キャレントや共済クレジットは新興の消費者金融ですが、全国来店不要でどこでも利用可能となっていますので、初めてキャッシングを利用される方でも口コミ評判が好評のお勧めのネットキャッシングです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます



「消費者金融では借りたくない」と、まだまだ消費者金融に対して抵抗感がある方も、結構多いのが現状です。
そのような方には、即日対応で審査とキャッシング融資をしてくれると口コミでも評判が好評の大手の銀行系キャッシング・ローンのサービスがお薦めです。
大手銀行系のキャッシングローンサービスは、キャッシングユーザーから口コミ評判が大変好評で、まず最初にキャッシングをするなら、大手の銀行系キャッシングの評判の好評さを伝えている方が多いです。
特に、メガバンクと呼ばれる大手銀行のキャッシング・ローンは、お薦めです。
 
中でも、三井住友銀行グループのキャッシングのアットローンでは、新型カードローンという新しいタイプのカードローンの開始を始めています。
というのも、従来発行されていたシルバーカードでの特徴を、さらに上回るサービスを提供しています。
シルバーカードの利用者の口コミでの声を見てみても、多くの方が満足している事からも、新型カードのサービス内容にますます期待が持てます。

シルバーカードから赤いカードへ変身した「アットローン」。
このローンの特徴は、自動審査で5秒で回答をしてくれる事です。
 
また、同じ銀行系であるモビットもかなりの人気を誇っています。
そして、モビットとアットローンは融資内容についても、競合を図るかのように類似した内容になっていますが、この2つを比較してみると、アットローンの方が利便性が整っています。
 
モビットでは10秒審査で、振込に関しては即日または翌営業日ですが、アットローンでは5秒審査で、振込に関しては、最短で30分での即日融資の借り入れが可能です。 
モビットだけを見ても素晴らしい融資内容になっていますが、アットローンはそれをもっと上回る融資条件となっています。
 
とてもスピーディで、利便性を兼ね備えた銀行系キャッシングと言っても良いでしょう。

またここでは、低金利と高額融資での借り入れサービスを提供しています。
新型カードになり、さらに充実したサービスが受けられます。
 
これまでは200万円が最高限度額でしたが、新型サービスですと、300万円というゆとりの額の融資が可能になりました。
しかも、初回借入の方でも最高額が、200万円までとかなり柔軟な対応になっています。
 
同じキャッシングでも、少々の金利率が違うだけで、長い目で見ると、毎月の返済額は大幅に差が出てきます。
しかしアットローンは、金利も9,5%~18.0%とかなりの低金利ですので、返済額を抑えたいという方にも最適なキャッシングです。
 
そしてこの新型カードになり、返済方法がさらに便利になったことも大きな変化と言っても良いでしょう。
今までは、母体となる三井住友銀行、プロミス、地方銀行といった銀行系でのATMの利用だけでした。
しかし、このカードに進化したことにより、ローソンやミニストップ、ファミリーマートなどのコンビニのATMの利用ができるようになりました。
 
その他多くの銀行と提携を組み、さらに利便性の高い利用ができることでしょう。
 
また、携帯でも便利なサービスもあります。
会員になると、携帯電話からだけでも現在の残高照会や、次回の返済日、返済金額などの確認ができるのです。
このようなサービスがあると、返済のし忘れなどの回避ができるということもあり、とても便利なサービスとなっています。
 
このアットローンは、おまとめをしたいという方から、初心者の方まで幅広い方に利用ができる口コミ評判が好評な安心のキャッシングと言ってよいでしょう。
 
アットローンは、是非お薦めしたい評判抜群の大手銀行系キャッシングです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


今後ますますキャッシング市場が淘汰されていく中で、安全・安心なのが大手銀行を筆頭とした低金利のカードローンサービスになります。
キャッシングユーザーの口コミの評判でも大手銀行のキャッシングローンサービスは好評です。
特に、三井住友銀行グループのアットローンはユーザーからの口コミ評判が抜群に好評です。

実は、数多くのキャッシング各社が貸付残高が減少する中で、むしろ貸付残高を増加し収益率も上がったキャッシング会社というのは、大手銀行筆頭の銀行系キャッシングでした。

昨年のキャッシング各社は、貸付残高で見ると好調・不調の浮き沈みがはっきりと明暗を分けた年となり、その原因をたどると

①利息返還請求の急増
②グレーゾーン金利撤廃の決定(2010年実施)

この2つの原因がキャッシング各社の収益を圧迫
しました。

さらに、今後ユーザーの借り入れを一層借りにくくなる法規制として、

・貸付金の総量規制実施があります。(2010年6月より完全施行)

これは、借り入れ総額が年収の3分の1以上は借りることができない規制です。
例えば、年収300万円の人が借り入れできる総額は、100万円までしか借りられないということになります。

ですので、実施される前に少しでも自分に有利なキャッシング会社を選ぶ必要があります。

その中でも、大手銀行系の低金利カードローンサービスとして三井住友銀行グループのアットローンも貸付残高を増加させ収益がアップしており、ユーザーの口コミも評判でサービス体制やスタッフの迅速な対応が好評のようです。
この1年だけで見ても、約15%以上も貸付残高を伸ばしました。
金利や融資額はモビットとまったくの同等で、バランスの良いバランス体制がユーザーに高く評価されています。

このように銀行系は銀行などの金融機関のグループに属さずに、自社で資金繰りをする独立系消費者金融系とは違い、もともとグレーゾーン以下の低金利で実施しているため、今までのサービス体制を変える必要が全くありません。ですので、以前と変わらず好調にサービス提供を維持できるのです。
さらに、審査の柔軟性に関しても、実は大手銀行は厳しくなく、優しいというのも特徴です。
また、女性の方やパート・アルバイトの方にも積極的に融資しているのが実情です。

低金利でおまとめ一本化を考えている方にとって、銀行系の低金利カードローンは非常にお薦めです。
是非、口コミ評判好評な大手銀行筆頭の銀行系キャッシングにお申込みされてみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

数あるキャッシングサービスの中でも、利用者の口コミ評判が極めて好評なのが、大手銀行系のキャッシングサービスになります。
キャッシングの法規制が、徐々に厳しくなり、特に独立系消費者金融の新規融資成約率が2割から3割と激減する中、大手銀行グループの傘下に属するキャッシングサービスは金利やサービス対応が安定しており、初めての方の口コミ評判でも抜群に好評です。

特に三井住友銀行グループのアットローンは、かなり口コミ評判が良いです。
その評判の良さの背景には、即日対応や低金利面などと様々な面においての柔軟さが、圧倒的な支持を得ているようです。
 
三井住友銀行グループのアットローンでは、以前の融資条件から新しく改定され、融資幅が、以前の200万から300万へと、幅広く利用ができるようになりました。
ビジネスマンのためのキャッシングとも呼ばれ、若い世代の方からの指示も厚く、大口融資にはピッタリと言われています。
 
また、金利の低さもさすが大手ならでわで、9,5%~18,0%での超低金利で利用ができ、少額融資にも最適な金利です。
もし、消費者金融から50万円を借入れ、24回の支払いにすると、返済額に41,363円もの差が発生する計算になります。
この低金利を上手く活用することによって、無理な返済額を作らなくても良いのです。

ビジネスマンの方は、取引先への急な出張や同僚との飲み会、などなど急な出費も多いと思いますが、そんなときでも力になってくれるのがアットローンです。
 
そんな急な出費にも対応しているというのは、5秒という秒速審査での回答をしてくれるからです。
そしてさらには、振込も最短30分での即日振込というスピーディさはまさに圧巻です。
 
これらは、パソコンからの申込みだけでOKなので、職場のパソコンからでも申込みが、あっという間に済んでしまうのです。
もちろん、携帯電話からの申込みもでき、利便性はかなり高いです。 
  
そしてアットローンはプロミスの連結子会社であり、三井住友銀行がプロミスと提携を組んで、提供しているキャッシングです。
ですので、プロミスのローン申込み機の利用もできるようになっています。
そのプロミスのローン申込み機を始め、全国では40,000以上のATMも無料で利用ができ、さらに利便性はアップです。
だから多くの利用者からも、口コミ評判が好評なのもうなづけます。
 
またこのアットローンは、評価サイトのランキングなどでも、上位にきており、まさしく優良の大手銀行系キャッシングとも言えます。
社員の対応がとても良く、初めて借りたという人も満足したという事で、益々利用のしやすさが見えます。
 
キャッシングビギナーの方にもお薦めなアットローンは、利便性や安心面などの総合的な見方をしても、十分利用してみる価値が高い銀行系キャッシングです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

ここ最近、グレーゾーン金利完全撤廃(2010年6月より完全実施)などの影響で、ますます消費者金融など各金融会社でのキャッシングの借入れ審査が厳しくなり、現に貸し渋りや貸し剥がしが多数起こっているのが現状です。
それには、そうなる背景・原因が存在します。

その背景・原因とは、大きく2つの事柄が大きな影響を及ぼしています。

①2006年1月の最高裁判決による「利息返還請求の急増」によって引き起こしたキャッシング業界全体の利益減少
②2006年12月公布の貸金業関連法の改正いわゆる「グレーゾーン撤廃」の動きによる政府の影響


これをもっと噛み砕いて言うと、流れ的には

キャッシング利用者(一般消費者)が、消費者金融が法外な利息を取ることに疑問を持ち、裁判を起こし、最高裁の判決によりキャッシング利用者が勝訴して、消費者金融は利用者に利息返還した。

②この動きに政府が本格的にキャッシング業者の違法な金利取立てを規制する法改正に動き出した。

③これにより各キャッシング業者は法外な利息を止めるべく、金利を合法な金利設定へと動きだし(グレーゾーン撤廃)、また、金利を下げた分の利益回収を確実なものにするため、自社の与信審査基準の一層の厳格化を図った。

このような流れになります。

ここで一つ、覚えてもらいたい言葉が「グレーゾーン」です。
このグレーゾーンの金利が、今までキャッシング業者の利益拡大を支える心臓部分でした。
キャッシングの利益(儲け)は、「利息(金利)」です。利息とは、手数料みたいなものです。
お金を貸した分の手数料ということができます。

では、グレーゾーンとは何かというと、

①利息制限法
②出資法
③みなし弁済規定


この3つから複雑に出来上がった「曖昧な金利範囲」のことで、①と②で定められている上限金利の間(15~29.2%)の金利のことを指しています。
また、③は正確には貸金業規正法43条のことを指して、これが消費者金融キャッシング業者に有利に働くようにできてしまっていたのです。

※グレーゾーンに関してさらに詳しくはこちらをクリックしてください。

2010年6月より総量規制実施で、いよいよ本格的にグレーゾーンが完全廃止へと動き出した中、これからは、ますます消費者金融キャッシング業者は「融資する人を厳選して選ぶ」時代へとなります。

民主党政権へと政府も主導者が代わり、今後このキャッシング規制の整備がどの程度見直されていくのかも注目です。

少しでも利用者にとって有利に働くよう最低限の知識を持ってキャッシング利用をすることが重要です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

2006年12月に公布された改正貸金業法は、2010年6月までに完全施行することになっていますが、金融庁は当初「公布日からおおむね3年後」を目標にしており、「総量規制」はいわば、その仕上げにあたります。

日本貸金業協会の調べによりますと、貸金業者に既存の正常顧客の中に「年収の3分の1」を上回る利用者がどのくらいいるか聞いたところ、貸付残高5000億円超の大手貸金業8社のうち、「25%超~40%が抵触する」との回答が3社、「60%超が抵触する」との回答が4社ありました。

一方、利用者側に同じ質問をしたところ、「年収の3分の1を上回って借りている」と答えた利用者が44%いたことが明らかになりました。

総量規制の導入を見据えて、貸金業者の中にはすでに与信の見直し、具体的には利用限度額の引き下げや、新規借り入れの抑制などの措置に動きはじめています。

つまり、法律によって「貸しはがし」や「貸し渋り」がはじまっているのが現状です。
しかも、景気悪化で借り手の給料が増える見込みが少ないことから、今後、いま以上に赤字を増やしたくない消費者金融は利用者の選別の目をさらに厳しくすると予想されます。

金融庁の多重債務者問題懇談会に出席する、ある委員は、改正貸金業法が景気のよいときにつくられたもので当時と環境が大きく違う点や、「(総量規制が年収の3分の1であることの)根拠がよくわからない」と指摘し、また、ある弁護士は「本来、与信判断は各社別々の裁量があるもの。それを年収の3分の1にあわせてしまえば、これは実質的に個人を格付けすることになってしまうし、行き過ぎた管理強化にほかならない」と、導入反対の声がにわかに高まってきているのも事実です。

消費者金融で借りたお金を生活費に充てているケースは少なくなく、「年収の3分の1」に借り入れを制限すると、そうした人が「ヤミ金」で借りることになり、そうなると、法律本来の意味がなくなるばかりか、「ヤミ金」を喜ばせるだけになるのではないでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

ブログ内検索
お気に入りに追加
返済期間の長さが好評
30日間無利息ずっと
評判の大手消費者金融
口コミ評判
学生ローン特集
クレジットカード特集
リンク
ランキング参加中です
最近のコメント
RSSフィード
最新新着情報ゲット
相互RSS最新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。