FC2ブログ

口コミ評判好評キャッシングローン厳選情報

口コミの評判で好評なキャッシング・ローンの裏情報を厳選してご紹介します。キャッシング業界の真相暴露!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
キャッシングを申込む際の審査では、実は主に2つの審査をしているのはご存知でしょうか?
一つは、消費者金融などの直接店舗での審査と、もう一つは、信用情報機関での審査の2つから成り立っています。

消費者金融では、申込みの際の「本人確認」と「申込み書記入」を無事に経てから、各社独自の「スコアリング」と呼ばれる自社与信システムで膨大な顧客(利用)データから申込み者の属性を割り出し審査をしていきます。

消費者金融各社は自社与信システムと、もう一つ重要な確認事項の一つとして加盟する「信用情報機関への照会・登録の承諾」を行っています。申込み者との融資の契約が成立した場合、消費者金融各社は自社が加盟する信用情報機関への登録が義務付けられています。大手中堅以上のキャッシング業者は必ず新規契約時から信用情報機関への照会をしています。

各信用情報機関には、同機関に加盟する会員(消費者金融)各社の顧客情報や債務情報が統合・管理されています。
顧客情報とは、「本人の氏名や住所、電話番号や勤務先などのこと」を表します。債務情報とは「本人がいつどこでいくら利用して返済日はいつ等」を表しています。

今や、キャッシング市場における信用情報機関の影響力は絶大で、新規契約時のみならず定期的に行われる途上与信においても絶対的な影響力を持っています。

現在、日本には4つの信用情報機関が存在します。キャッシング各社はそれぞれ、どの機関に機関に加盟するかは入会条件さえクリアーすれば入会できるようになっています。しかし、一部制約を受ける機関も存在します。
この5つの信用情報機関の中で、一番情報精度が高い機関が日本信用情報機構(旧全情連で、信用情報機関の一つである㈱CCBと2009年8月1日に合併)です。
これには背景として、「旧全情連」の理念でもある「全権登録」を会員各社に義務付けいているところに起因しているところが大きいからです。

こうして、消費者金融業者自社の与信審査システムと信用情報機関の2つの与信システムから最終的に申込み者の「与信額」が言い渡されることになります。


人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
返済期間の長さが好評
30日間無利息ずっと
評判の大手消費者金融
口コミ評判
学生ローン特集
クレジットカード特集
リンク
ランキング参加中です
最近のコメント
RSSフィード
最新新着情報ゲット
相互RSS最新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。