FC2ブログ

口コミ評判好評キャッシングローン厳選情報

口コミの評判で好評なキャッシング・ローンの裏情報を厳選してご紹介します。キャッシング業界の真相暴露!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
よく、消費者金融の審査は甘いと言われますが、別に甘いというわけではありません。
ただ、消費者金融会社の規模や独自の審査方法により、通りやすいかどうか判断されます。

金融会社によって、さまざまですが、消費者金融が実際にキャッシング申込み時の審査で、どのようなところを注意してみているかという点に関しては、共通しているものがあります。
これを把握することは、非常にキャッシングを受ける側にとっては有利な情報です。

キャッシングの新規申込み・審査時に、自分の仕事や勤務先、他社に借り入れがないかどうかなどの項目を申込書に記入しますが、これらの項目をキャッシング業界では「属性」と呼んでいます。

数ある属性の中でも、ほとんどのキャッシング業者は「その人の素性」が出る属性や、明白な裏づけが可能な属性について特に重要視します。
また、どのくらいの収入レベルなのかを明確に判明する属性に関しても重要視します。
では、一つずつ特に重視される属性を見ていくと、

年齢
大手の消費者金融は中心利用者の対象を「20~30代」としています。そのなかでも特に「未婚(独身)」の方に比重が置かれています。
これは、「可処分所得の大小」(=自由に使えるお金の大小)を前提に捉えているためです。
年齢が上がれば上がるほど審査は難しくなっていくのが現状です。これは、「貯金の蓄え」に関して重要視しているからです。特に、40歳代以降になると契約もしくは与信額設定に慎重になる年齢層となります。

電話番号
最近では、携帯電話だけ持っていて固定電話を持っていない単身の若年層に多くなってきました。一番有利なのが、「固定と携帯の両方」を所持している方、次に「固定電話のみ」そして最後に「携帯電話のみ」という優先順位になっています。
これは、「キャッシング業者から確実に利用者への連絡をつけることができるかどうか」の信用度の高い連絡先の優先順位となっています。
「固定電話」は、「現住所」とつながっているため、それが結果としてキャッシング業者に「信用」を与えます。一方、「携帯電話」は契約・解約がしやすいので信用度は非常に低いです。
※携帯電話では、審査に落ちるということではありません。

職種(職業)
通常、キャッシング業者では「離職率の低い職業」が有利とれます。例えば、公務員であったり、その次にサラリーマン、いわゆる会社勤めの方が有利とされています。
逆に、不利な職業は「離職率の高い職業」「不安定な職業」です。日雇い労働や自営業などがその例です。

居住年数
特にキャッシング業者は、「年数」を重要視します。これは、何年も年数を積み重ねることにより信用が高まるためです。もうひとつの理由として、「その人の場所を特定しやすい」という理由があります。

実際に、消費者金融が注目する属性と利用者(消費者)が思う重要な項目とが意外と上記のように異なるのが現状です。
常に消費者金融の視点で申込書を記入する必要があります。

また、他社借入のある方は、件数も注意してください。
2010年6月より、総量規制の完全実施に伴い、グレーゾーン金利が完全廃止となるため、かなりキャッシング審査が厳しくなっています。

目安としては、消費者金融では「3件以内」で、銀行系キャッシングに申込まれる場合でしたら「2件以内」が望ましいです。

どうしても件数を減らすことが難しいようでしたら、現在利用しているキャッシング店舗にアドバイスを求めるのも一つの方法です。

これにより、思わぬ解決方法が見つかる場合もありますので、ぜひ利用されることをお勧めします。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます



スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
返済期間の長さが好評
30日間無利息ずっと
評判の大手消費者金融
口コミ評判
学生ローン特集
クレジットカード特集
リンク
ランキング参加中です
最近のコメント
RSSフィード
最新新着情報ゲット
相互RSS最新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。